お問い合わせ
Environment

赤外線反射塗料(遮熱塗料)オリジクールAS

ヒートアイランド対策の一環で、建築物の外皮に遮熱処理を施し冷房負荷の低減による人工排熱を減少させる技術の普及促進のため、第三者機関が客観的に実証する事業が環境省により行なわれており、当社の遮熱塗料も対象技術として選定・実証が行なわれました。
本技術は、屋外設置の電源機器内部が日射により昇温することを防止し、機器の信頼性向上を目的に開発され2000年頃より実績があるもので、赤外線を反射 する下塗りと、赤外線を透過する上塗りの2層構造からなり(図1)、色調の自由度が大きい特長を有しています。図2のごとく、黒系塗色で比較すると可視光 領域の反射は近似していますが、800nm以上の赤外線領域の反射率が大きく異なり、屋外暴露した場合の表面温度を5~10℃程度、室内温度を2℃程度低 減することができます。

図1 遮熱のメカニズム

遮熱のメカニズム

図2 黒系塗色の光線反射率比較

黒系塗色の光線反射率比較