お問い合わせ
Environment

半導体「鉛フリー化」製品

電子機器に含まれる鉛は、耐用年数の経過や新製品の登場で廃棄物となってやがて溶け出し、地下水に混入したり河川に流れて何らかの形で人間に取り入れられ、その毒性が問題視されるようになりました。
その対策として、半田の「鉛フリー化」が進められ、電子機器の構成部品においても「鉛フリー化」が進められました。 当社半導体において、端子電極の「鉛フリー化」を実施した製品は下表になります。


シリーズ名 (めっき組成)

・F1「 」、F2「 」、(Sn)

・ FP「 」 (Sn)

・ SS「 」、USR「 」 (Sn)

・HAU160C0(Sn+3Cu)

・FCO「 」(Sn+2Bi)

・アキシャルリード全品種(Sn)

半導体「鉛フリー化」製品