お問い合わせ

ガバナンス~透明性、健全性~

オリジンは、長期的な企業業績の成長と企業価値の最大化を追求するため、グローバルに展開できる効率的なグループ体制の確立と公正かつ健全で透明性の⾼い経営の実現に向け、コーポレート・ガバナンスの確立と企業の社会的責任を果たすことが重要であると認識しています。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制についての詳細は、当社のコーポレート・ガバナンスに関する報告書をご参照ください。

コンプライアンス

オリジンは、リスク管理上、法令の遵守(コンプライアンス)が重要であると認識し、コンプライアンス委員会を設置し、定期的にコンプライアンス方針・実行計画を策定し、実施しています。オリジングループ行動憲章に基づき、オリジングループ全体のコンプライアンスを統制・推進する体制をとっています。従業員等には法令・社内規則等に違反する行為を禁止し、他者の違反行為を知った時は速やかに内部通報することを求めています。
またオリジングループ内に於いて、定期的な教育、啓発資料の配布、年1回のコンプライアンス強化月間等の実施を通して、コンプライアンスを尊重する意識の醸成を図っています。

強化月間PRポスター

img

外部の方からの相談・通報窓口(公益通報)

外部からの相談等については、弊社HP上に開設した通報窓口および外部委託窓口が受け付けています。

外部の方からの相談・通報窓口(公益通報)

リスクマネジメント

損失の危機管理に関する社内規程を整備し、リスク管理全体を統括する「リスクマネジメント委員会」を設置しています。さらに各事業部門はそれぞれの部門に関するリスク管理を行い、リスクの管理状況を取締役会に報告する体制を整備しています。そして、事業継続に支障をきたす恐れのある事象に備え、事業継続計画を構築し、主なリスクについて対応策、ガイドライン等を整備しています。当社が認識している主要なリスクは、以下のとおりです。
(1)設備産業関連事業としての構造
(2)製品の価格競争・競合・新規開発関連
(3)感染症並びにパンデミック関連
(4)PL(製造物責任)関連
(5)災害対策関連
(6)減損会計
(7)為替変動
(8)製品品質関連
(9)繰延税金資産
(10)情報セキュリティ及びサイバー攻撃関連
(11)財務制限条項
(12)公的規制等
(13)人材の確保・育成
(14)退職給付費用及び債務
それぞれのリスクについての詳細は、2021年3月期有価証券報告書(事業等のリスク)をご参照ください。

情報セキュリティ

img

当社グループでは、最新のセキュリティーシステムの導入を推進し、ネットワークにおけるセキュリティを常に強化するとともに、より高度なスキルを持つセキュリティ人材の育成に向けた取り組み等を強化しています。また、情報セキュリティに関する管理体制を構築し、第三者によるセキュリティ診断をはじめとして、事業所への⼊退場者管理、情報へのアクセス管理など、監視・制御を実施しています。
さらに、定期的に情報セキュリティの教育・訓練を実施し、社員一人ひとりの意識向上に努めています。

知的財産の保護

・特許権利化による自製品を守るため社内支援を強化しています。
・他人の権利を抵触しないよう調査等を実施し、法令に違反しないよう努めています。