お問い合わせ
IR information

ディスクロージャー・ポリシー

1.情報開示基本方針

当社は、金融商品取引法等の諸法令(以下、「諸法令」)、および当社の株式を上場している証券取引所が定める有価証券上場規程(以下、「上場規程」)を遵守し、これらに基づく情報開示(ディスクロージャー)を実践します。また、諸法令および上場規程所定の適時開示基準に該当しない情報でも、投資判断に重要な影響を及ぼす情報に関しては、公平性と適時性を鑑みた上で開示を行います。

2.情報開示方法

当社が、上場規程に基づいて開示する情報は、東京証券取引所が提供するTDnetを通して開示し、TDnetなどで公表した情報は、迅速に当社ウェブサイトに開示します。また、上場規程に該当しない情報についても、投資判断に重要な影響を及ぼす情報に関しては、その重要度および緊急性に応じて、当社ウェブサイトに掲載します。

3.情報開示体制

当社は社内に「ディスクロージャー委員会」を設けるなど、投資判断に重要な影響を及ぼす情報を適切に管理し、取締役会の決定に基づき正確かつ公平な情報開示を速やかに行えるよう社内体制を構築しています。

4.活動沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、四半期ならびに期末決算期日の翌日から決算発表日までをIR活動沈黙期間として設定しています。この期間中は決算にかかわるお問い合わせへの回答やコメントを控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合は、適時適切に開示します。

5.情報に関する注意事項

開示内容について当社は細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性を保証するものではありません。掲載した情報に誤りがあった場合や第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、一切責任を負うものではありません。