お問い合わせ
Technology

オリジンの“4つの技術”

4つの事業体制を構築し、時代のニーズを導く、独創的な技術開発を行っています。

エレクトロニクス

低電圧技術と高電圧技術の融合

低電圧技術と高電圧技術の融合

DC48V出力の通信用整流装置などの低電圧技術とDC1000V出力の半導体成膜用電源装置などの高電圧技術を融合しお客様のご用途に応じた直流電源をご提供できます。
写真は、交流入力AC200Vの出力DC380V15kWの整流装置です。高電圧技術である倍電圧共振回路を低電圧技術である三相分割型力率改善方式をそれぞれ採用し高効率で小型な整流装置を実現しました。効率は、最高効率で96%です。

電源装置の放熱・冷却技術

電源装置の放熱・冷却技術

高密度・大電力化が進み、手計算や経験的手法だけでは解決が難しく、設計初期段階から熱流体シミュレーションを用いて検討することで試作回数を減らし、開発期間の短縮をはかっています。
写真は移動通信基地局用整流装置のDC48V50Aの屋外仕様の整流装置です。設計初期段階から熱流体シミュレーションを用いて検討し、従来整流装置の体積比3分の1を実現しています。

メカトロニクス

コンデンサ式抵抗溶接技術

コンデンサ式抵抗溶接技術

当社のコンデンサ式抵抗溶接では、コンデンサに充電したエネルギーを瞬時に放電し、短時間で大電流が得られるため、熱影響やひずみが少なく、仕上がりが美しい接合が可能です。
また、非鉄金属や異種金属の接合も可能です。

液体の精密塗布・貼合技術

液体の精密塗布・貼合技術

1980年代から培ってきたCD・DVD用量産装置での経験を活かし、現在ではスマートフォン等のFPD用塗布・貼合装置市場でのシェアを伸ばしています。それらの装置に用いられる最適な塗布パターン設計+気泡を巻き込まない大気貼合や、高精度な面塗布+真空貼合を軸に、FPD以外の新用途での応用にも積極的に取り組んでいます。

ボイドレス ソルダリング技術

ボイドレス ソルダリング技術

フラックスを不要とし、半田を飛散させないソルダリング技術です。
パワーデバイス他、高品位のソルダリングが必要とされるデバイスに適した、高い信頼性を誇ります。

ケミトロニクス

実績

1947年に金属加工の表面処理研究の一分野として塗料開発に着手して以来、プラスチック用塗料のパイオニアとして国内外において自動車、携帯電話、パソコン、デジカメ、家電など、多くの分野で採用実績を重ねてまいりました。

技術力

お客様の様々なご要望に合わせて製品を開発し、画期的な合成樹脂塗料を数多く世に送り出してきました。
特に主力製品であるクロムめっき用塗料「オリジプレートZ」は販売以降、現在に至るまで世界中のお客様にご使用頂いている製品となっております。

今後の取り組み

近年需要が高まっているタッチパネル用の接着剤「オリジボンドER」や、都市部におけるヒートアイランド現象対策として開発した赤外線反射遮熱塗料「オリジクール」など、意匠性だけではなく機能性を付与した高付加価値の新製品を投入し、新たな市場を開拓してまいります。

コンポーネント 半導体デバイス

新製品

新製品

高速でソフトな逆回復特性を持ったダイオードであり、電圧(600V~1700V)、電流(30A~400A)と多様なご要望にお応えできるラインナップを用意しました。
主な用途
・産業用INV
・直流電源

カスタムモジュール

カスタムモジュール

インバータブリッジ・チョッパ回路等の混載を可能とし、効率の良いチップ配列による小型化、最先端世代チップ搭載による高性能化が期待できます。
主な用途
・太陽光発電
・産業用INV

高電圧整流ダイオード

高電圧整流ダイオード

高電圧発生用として、カスタム品を含め広範囲の用途に合わせた形状・特性の高電圧ダイオードの製作が可能です。
主な用途
・医療用レントゲン
・電子顕微鏡

コンポーネント 精密機構部品

装置の「小型化」「省エネ」「シンプル設計」

装置の「小型化」「省エネ」「シンプル設計」

精密機構部品は人の目に触れることは少ないですが、OA機器、発券機、遊技機をはじめ、さまざまな機器の重要機能部品として数多く使用されています。
なかでも、「ワンウェイクラッチ」、「トルクリミッタ」、「双方向クラッチ」はモーションテクノ部のコア技術であるトライボロジー技術を活かした製品であり、装置の「小型化」「省エネ」「シンプル設計」に貢献しています。